宇宙卵を抱く

egg

現時点の幼児たちの何割かは21世紀の半ばを超えて生きることになるだろうが、彼等の行く手には、気象異変の深刻化、資源の争奪戦の激化、暴力の連鎖など気の滅入るたくさんの難問が待ち構えている。

 

こうした諸問題のどれひとつをとっても解決の目処がついていない。そのため、21世紀の見通しを描く場合、悲観的なあるいは絶望的なシナリオならいくらでも描くことができる。他方、21世紀の希望のもてるシナリオで単なる夢物語ではなく実現可能性のあるものを探り出そうとすると、これは簡単な問題ではない。

 

「21世紀キーワーズ・マップ」の作業は、この狭い道を探るルート開拓の試みである。

 

 

本書の目次

I . 問題設定

A . パラダイム・シフト : PDF

B . ポスト・マテリアリズム : PDF

C . 資源制約と環境再生 : PDF

AB . 「A | パラダイム・シフト」「B | ポスト・マテリアリズム」の交差

AC . 「A | パラダイム・シフト」「C | 資源制約と環境再生」の交差

ABC . 「A | パラダイム・シフト」「B | ポスト・マテリアリズム」「C | 資源制約と環境再生」の交差

F . 基幹経路 – とりあえずの結び

 

本書で使われている図表がこちらからご覧になれます。

 

著者について

代表取締役社長 山本眞人

1947年 長野県生まれ

1971年 東京大学経済学部卒

1971年 需要研究所入所

1995年より 需要研究所代表取締役

 

需要研究所の主な研究・制作歴

1982年「都市型中小企業の新展開」(清成忠男氏他との共著、日本経済新聞社)

1987年「若者の考え方と行動」(総合研究開発機構編「1990年代 日本の課題」第25章)

1991年 ぴあ総合研究所「触発するマルチメディア・システム」研究統括者

1996年より ウェブサイト「宮沢賢治の宇宙」編集長

1997年より オンライン・マガジン”WebLogue”(旧”WebMag”)編集・制作統括者